[連載1] タスク管理方法のここがカユかった!解決したかったのは?

前回、「5年試行錯誤したタスク管理!なんでそんな試行錯誤したの?」でタスク管理がんばるに至った理由を書きました。これから、約20回くらいで、たどり着いたタスク管理&スケジュール管理についてまとめていこうと思います。

タスク管理連載タイトル

※ 大まかな連載の流れ

導入
  ・なんでタスク管理がんばったの? →(前回)
  ・タスク管理方法のここがカユかった!解決したかったのは? →(今回)
  ・これがそれを解消してくれたやり方の1通りの流れ! 

詳しく解説
  ・収集 は都度と、まとめてやるときで…
  ・処理 の仕分けは最初だけ、結構気合いるよね!でも、…
  ・実行 実行するとき、せっかく立てた計画を思い出さないとやり辛いけど、、、
  ・レビュー それで本当にいいの?って問いて改善を繰り返す!どうやって?…


とにかくこいういうタスク管理がしたかった!


手帳や、Toodledo、Omnifocus、HiTask、Outlookなどいろんなやり方を
試して来ましたが、どうしてもカユい部分がありました。

それは、、、(細かい所をのぞくと)

調整をドラッグ&ドロップでサクッとやりたい!
週バーチカル表示でパット把握したい!
デバイス問わず同期編集したい!

ということ。


今に至る一歩前までのやり方にはこんなカユいところが、、、


上記にあげたように、Toodledo、Omnifocusなど高機能なタスク管理ツールなど試行錯誤した中で、少し前までやっていたやり方は、意外にもシンプルなスプレッドシートのタスク管理表(タスクシュートをヒントに簡単な関数で終了時間が分かるもの)にたどり着いていました。

しかし、活用した期間が1番長く、効果的に機能してくれましたが、
まだまだカユい欠点がありました。

オリジナルTaskシュート

<特徴>
・始まる時間終わる時間をマクロを使わず関数で見積り時間を自動表示
・Googleスプレッドシートでやればデバイス問わず確認はできる。
 (編集はできるが快適じゃない)
・ただの表なので自由度が高く、改善カスタマイズが容易
並び替えが容易

<欠点>
・トリガー・カテゴリーから頭のなかの洗い出しをしたかったが、それには不向き
・予定を週バーチカル表示ではみれない
  ↓
これを補うためにGoogleカレンダーの週表示も考えたが、それだけでは、
・タスクリストを貯めておいて、あとで予定に組み込むのに
 タスクはドラッグ&ドロップできない。。
・やったタスクとそうでないタスクが予定に組み込んでしまうと一覧で確認しづらい

というように、欠点がまだまだありました。。

こういった「あとちょっとなんだけどなぁ」というタスク管理をする上でカユいところを
次回から具体的にどういうやり方で解消していったのかをまとめていこうと思います。


*編集後記*


ブログを移行して1ヶ月が経ちましたが、まだまだ、ブログエディタが使い慣れず、
毎度調べながらやっているため、ブログを書くのが予想以上にかかってしまっている状況です。
(他原因も含めてですが、1つの記事にだいたい3〜4時間。。)

コツコツ辞書登録でタグを簡単に呼び出せるようにはしているものの、もともと、
タグを使わなくても簡単に書けるブログサービスを使っていたので、
慣れるのにはもう少しかかりそうです。(がんばるぞー(・`ω´・ ))

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です