「やりたいことをして生きていくためには?」4つPickUpまとめ 〜本『ノマドワーカーという生き方』に学ぶ〜

ノマドワーカーという生き方

旦那さんに貸していて中々帰って来なかったりで、書評が遅れましたが^^;
尊敬するNo Second Life主宰プロブロガーの立さん(@ttachi/立花岳志さん)の本『ノマドワーカーという生き方』を読んで心に残ったことなど書き留めておこうと思います。

内容は、ノマドワーカーになるためのHowto本ではなく、紆余曲折しながらも、本当に自分がやりたいことを叶えるためにしてきたことや、それを叶える為に選択した生き方について書かれた本です。

立さんとは、2年前に勉強会イベントでお会いして素敵な方だなぁと思ってその頃から憧れの1人でした。
私からは憧れ尊敬する立さんですが、こんな苦労もあったから今があるんだなと赤裸々に語られていて勇気を頂きました。


立さんの本当に自分がやりたいことを叶える為の生き様から学ぶ
「やりたいことをして生きていくためには?」4つPickUpまとめ


やりたいことを叶える為に学べるポイントが本書にはあちこちに散りばめられていました。
その中で、個人的にビビっと残ったポイントを下記に私なりの解釈でまとめてみました。

◆「本業と同等」という位置づけをする

立さんは、ブロガーになることが本当にやりたいことだったので、それを働いている時から「本業と同等」の優先順位を設定して取り組まれてきたそうです。やりたいことがあるのに、「仕事が忙しいから」という理由で、なんとなく後回しにしてしまって、やりたいことなのに中々できないということがあったりします。しかし、そこをきちんと、「本業と同等」という覚悟を決めて取り組みはじめることから、やりたいことへの道も拓けてくるのだと思いました。

◆始めるときには、『何をやめるか』とセットで決める

上記のようにやりたいことを「本業と同等」という優先順位を高くしても、時間が増えるわけではないので、限られた時間の中でやっていくには、何かをやめて時間の確保が必要となってきます。これは、理屈では分かっても、難しいもの。あらためて気をつけていきたいと思います。

◆続けてもハッピーにならないものはやらないと判断することも大事

立さんは、”ライター業を続けても自分はハッピーにならないと判断”されたといいます。好きな事に近しいことでお金がもらえるならハッピーじゃなくても自分の気持ちを無視してやり続けてしまいそうですが、ハッピーになれてない自分に気づいて、またみつけたら、本当に続ける必要があるか自問するようにしようと思いました。

◆気負い過ぎないで「楽しい」「好き」を大事にする

ブログを書く気構えについて”あなたが今「楽しい」「好き」と思うことをどんどん気軽に書いていけばそれでOKです”と書かれていて気負いがちな私にとっては、勇気をもらいました。またこれは、ブログだけに言えることではなく、『気負い過ぎないで「楽しい」「好き」を大事にする』という視点で他のことも楽しんでいけたらと思います。


*編集後記*


立さんに出会ったのは勉強会でしたが、勉強会に顔をだすと、尊敬できるような方が参加されていてとても刺激を受けます。本当は、人見知りで毎度ドキドキ緊張しながらの参加ですが ^^; 尊敬できる人が集まる所に身を運んでちょっとでも近づけるように頑張っていこうと思いますヾ(´∀`o)+。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です