A5手帳をツインにして上下分けて使ってみるとカレンダー固定で予定が立てやすい♪

久しぶりにオリジナル手帳作成の記録です。
最近、見つけたぐっときた手帳活用アイデアは、A5手帳のリフィルを写真のように半分に切って
上下分けて使う方法です。
市販のものでは、かわいい感じのものを見つけました。

2010年 日付入りA5ツイン手帳/スケジュール帳(水玉) 2010年 日付入りA5ツイン手帳/スケジュール帳(水玉)
()
学研ステイフル

商品詳細を見る

手帳ハーフ販売品
※この手帳の詳しいレビューについて書かれているブログをみつけましたので、詳しく知りたい方は
こちら→学研ステイフル A5ツイン手帳 2010の写真付きレビュー
私の場合は、オフィスで広げるにはカラフル過ぎたのと、
数カ月分だけわけて持ち歩きたかったので、
必要な分をちぎって穴あけパンチで穴をあけてA5手帳のバインダーにはさんで使うことにしました。
         ↓↓

6穴パンチ 移動式 8枚(0.8mm)まで PU-462 6穴パンチ 移動式 8枚(0.8mm)まで PU-462
()
オープン工業

商品詳細を見る
A5サイズの手帳やバイブルサイズ、ミニサイズなど4つのサイズに対応した6穴あけパンチ。最高8枚まで一気に使えるので重宝しています。
どんどん、オリジナルリフィルがつくれてしまいます♪

         ↓↓
         ↓↓
手帳ハーフオリジナルA5手帳
<ツイン式にしてみての活用方法、メリット>
●月間カレンダーを見ながら、週、日のスケジュールが立てられる
●タスクリストを見ながら、週や日に書き込める。
 →タスクリストを週ごとに書き直さなくてもOK
●A5ののーと一枚使うほどじゃないときのメモが気軽にかける。
●上下の組み合わせによってあらたな発想を生むための発想メモに活用できる
●ページが少しめくりにくくなるのがデメリットなので、
 付箋を活用して開きたいページを開きやすくする
まだ、この方法は取り入れたばかりで試行錯誤中ですが、
月のカレンダーと週の予定表をこ一緒に見れるのはとても便利なのでこれで
しばらくがんばってみようと思います。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です