A5手帳が自分で作れれてFitする!Ⅱ

お待たせしました!
前回の『A5手帳が自分で作れれてFitする!しかも軽くて経済的♪』の記事でご紹介しました、
自作のシステム手帳の組み立て編を書きたいと思います。
※前回では、下記をご紹介させて頂きました(^^)
・A5手帳自作の魅力な点
・自作するために用意するもの
<A5手帳組み立て方>
【1】A5バインダーを作る(見た目UP)
(1)前回写真にてご紹介させて頂いたような、表紙が自由にさしこめて変えられる
  6穴A5バインダーを用意します。
(2)黒画用紙をA5サイズに切り、その表紙にいれます。
(3)そうすることで、半透明のバインダーもシックな黒の手帳バインダーになります。
A5手帳ファイル3
【2】リフィルをExcelで作る
(1)難しそう、面倒そうと思って私もやってみていなかったのですが、
 罫線をうまく使って、今まで使っていた能率手帳を描き、
 それに自分が欲しかった機能をプラスします。
 (※ポイント、A4横サイズで真中は、穴をあけられるよう2センチ分あけます)
A5リフィルと6穴パンチ
(2)A4サイズ横に設定をして両面印刷
(3)穴A5サイズの穴あけパンチであけたら手帳に挟む
(4)メモ用のページは、市販のリフィルを使います。
【3】あとは付箋をつかって「月」「週」「メモ」などの項目を作り、すぐに開けるようにすると便利。
とってもシンプルな方法ですが、まとめてみました。
また、やっぱりExcelを自分で作るのが面倒、いい方法を探しているという方は、
下記のようなサービスもあるのでぜひお試しください。
■「DAYNOTE」:http://diynote.jp/
オリジナルリフィルをダウンロードできます。
デザイン性もあってお勧めです(^^)
また、私も近いうちにリフィルデータもUPしたいと考え中♪
近いうちに、手帳でのマインドマップ活用法もまとめたいと思ってます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です