【自炊】初電子化してみて、、なんとiPhoneでも意外といける!?

 


ずっと家にある本を電子化して持ち歩きたいと思ってました。
ただ、それを行うには設備投資が結構高くて、
しかも、工数がかかるものなのでずっととりかかれなかったのですが、
やってみると、予想以上にかなりいいことが判明(^-^)♪
初電子化してみて、、

1■設備投資+工数をかけると決断するのにいたったきっかけ
2■電子化(自炊)のためのコツ情報
3■自炊した本を読む媒体は、、なんとiPhoneでも意外といける!
4■本を電子化する時に発見したちょっとしたアイデア
5■使った道具達
6■電子化本持ち歩いて早速感じた効用


1■設備投資+工数をかけると決断するのにいたったきっかけ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・本棚が重さと厚さに耐え切れず、仕切りの板が何個も外れてしまって本棚に収まらなくなった。
・MBAやiPadを持ち歩くようになって本を持ち歩くのが苦になった。
・家にもう一つ書斎机を置きたくなってスペースを確保したくなった。
・代行業者は、グレーゾーンで使いづらい。。
・いい本を何度もいつでも読み返したい。

などの理由により、費用対効果は確保できると思って
家の人を説得し、エイヤッと購入(>

 

2■電子化(自炊)のためのコツ情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自炊の道具選びは、最初はあれこれ迷うところ・・
やり方も不安。そんなとき、自炊について詳しくまとめてるブログ記事に
本当に救われました。感謝です。

【保存版】本の電子化(自炊)ならこの記事だけ見ればOK!なまとめ ~裁断、スキャンから処分まで徹底解説~
http://ushigyu.net/2011/06/26/jisui_matome_201106/
3■自炊した本を読む媒体は、、なんとiPhoneでも意外といける!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今までGoodRederとか無料のリーダーアプリで
試しに電子化した本を読んできてみたものの、iPhoneで読むには
サクサク読めず困ってました(´・ω・`)
しかし!
ちゃんと有料の「i文庫S」をつかえば、iPhoneでも
結構いけることが判明!みなさんがおすすめで良く書かれていた
理由がよくわかりました。

i文庫SでiPhoneでも読みやすくなったググっときたポイント
1.ズームサイズを固定して読める
これのおかげで、iPhoneでも小さめの字じゃないビジネス書なら毎回ズームアップしなくても
苦なく読めます!(´∀`o)+。これに一番感動☆

↓同じiPhone画面でも余白分を拡大して見ることで字が大きく

そして、、

2.動作が軽い!読み込みが早い!
3.読書メモ・しおりがつけられる。
(Evenote対応)
などなど、素敵な機能がいっぱい。ありがたい。
iPad版も購入して、素敵なのですが、こちらは、家の人に取られたのと
MBAとダブルでiPadを持ち歩くのはちょっと重すぎるので、
しばらくiPhoneでこれでいってみようと思います。
4■本を電子化する時に発見したちょっとしたアイデア

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

表紙は、カラーで読み込んで、電子本棚にきれいに並べたいもの。
しかし、帯に鮮やかな写真が載ってて、帯をとってしまうと単色のタイトルのみになってしまう本も
多く、スキャナーで帯とセットでは読み込めないことに凹んでいたところ・・!(・`ω´・ )
ひらめきました!w
本のタイトルをGoogle画像検索ですると帯付き写真が、、
著作権とかもあり、画質もあらいのでおすすめはできませんが、
もう一つ、iPhoneのカメラスキャナーアプリでパシャリ☆
これで、カラフルな電子本棚を眺められます(´ω`*)♪
5■使った道具達

━━━━━━━━━━━━
・iPhoneアプリ:「i文庫S」
・iPadアプリ:「i文庫HD」

6■電子化本持ち歩いて早速感じた効用
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本棚に置いていると読み返すことがほとんどなかった本でも、
持ち歩くと数年前に買った本もまた気軽に読み返せて新たな発見がありました。
しかも、一度読んだことがある本なので、iPhoneサイズで字が小さくても
キワードを読むだけでスラスラ頭に入ってきます。
隙間時間にその時の気分にあわせてチョイスし、並読して数冊読むことも気軽にできます。
今読み返しているうちの1冊が下記ですが、また最近浪費の時間が増えてたことに反省。
見直すと週5時間は確保できることがわかったので、また新しい発見が出来ました。

 

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法 無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
(2007/10/12)
勝間 和代
商品詳細を見る

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です