理想の手帳について考えてみる–for次回【ライフハック女子部】テーマ:手帳

思い起こせば、小学生の頃から手帳的なものが好きだった気がします。
宿題は、なかなかやらないのに、手帳を広げることが好きで勉強デスクに座ってたくらいw

手帳「的」とつけたのは、手帳そのものというよりは、
「物事を整理してシンプルにすること」が、好きなのかもと
過去ブログ記事を振り返ると手帳だらけ。。。w(^^;

http://life2aozora.blog49.fc2.com/blog-category-9.html

仕事内容が変わったり、ライフスタイルが変われば、
使いやすい手帳も変わるので、
手帳というよりは、自分の生活のコントロールの仕方を変えてきたって思ってます。
入社当時は、あこがれて王道のフランクリン。

女性営業マンにはちょっとかたかったので、水色っぽいカバーに変えてみたり、
書くことが増えたので、A5サイズにしてみたり、
勝間さんの本を読んでカスタマイズされた手帳にチャレンジしてみたり、
営業じゃなくなってからは、小さい手帳がよくなったり。
iPhone4にしてからは、メインはデジタル管理になったり。。。。

なので、理想の手帳ってなんだ?って考えると万人に効く手帳はなく
その人本人もずっと完璧にマッチする手帳というものもなく、
そのときによってなのかなと。。

ただ、あまり、コロコロと変えていては、効率性がさがるので
ツールではなく本質的な、優先順位のつけ方などの軸はずらさない
本人の中では一本の道が続いてる感じで。

そんな背景を踏まえつつ、理想の手帳ってなんだについて
ちょっと深堀して考えてみようと思います♪

【よくばり理想手帳】
思いつくままに、とりあえず下記出してみたので、
かなりのよくばりな内容で未整理です(^^;

■アナログ編
・長期・短期目標管理ができる(5年,1年,月間,週)
・プロジェクト管理ができる(WBS)的なもの
・土日もフルで入っているバーチカル式
・月間は、まとめて前ページにあるか、上下のハーフ式
・タスクが沢山かける(日、週,月単位)
・付箋でタスク管理できるスペースがある
・モレスキン並みの太いメモ帳も挟むことができる
・紙質は、軽くて丈夫なもの
・ペン射しがしっかり外をむいていて、邪魔にならない位置にあり
太いペンも大丈夫。2本まで対応
・日・週・月レビューがしやすい書き込みスペースがある
・ポケットが付いている

■デジタル編
・バーチカル週表示、タスク表示も可
・月間表示が小さい画面でも見やすい
・起動・Google等との同期が早い
・スケジュールもタスクもクラウドサービスと同期が可能
・ドラッグ&ドロップでタスクとスケジュールが自由に動かせる
(イメージはOutlookのスケジュール・タスク管理の機能)
・タスクの並び変えが容易
・リマインダー機能
・アラーム機能
・スケジュール画面でタッチしたところにダイレクトに予定をいれられる
・Googleのスケジュールアイコンみたいなものに対応
・タスクを所要時間でも管理できる
・重要なタスクやその日にやることが一目でわかる
・スケジュールだけではなく、長期目標・短期目標も入れられる
・日、週、月のレビューを入れられる
・タスクやスケジュールは、Evernoteとリンクできる
・関連リンクをはっておける

 

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です