【手帳】アナログからデジタルに戻ってみる

アナログの手帳を気に入って使っていましたが、
1つ欠点があり、デジタルに戻ってみることにしました。

その欠点というのは、電車の中でパッと予定を確認したい時や
お昼休みに財布とiPhoneだけもって出かけた時とかに手帳がないと
予定が確認できないというもどかしさでした。

しかし、アナログのシンプルな管理の仕方はやめたくないと思い
あえて、タスク管理は高機能なToodledoはやめて、Googleタスクのシンプルなものを使うことにしました。

すると、アナログに戻らざるおえなくなった
デジタルのもどかしさ(タスク登録がおっくうになる)がとくに感じずに
デジタルに戻ることができました☆

もしかしたら、デジタルで管理して行き詰ったらアナログに戻ると
タスクとスケジューリング管理のスムーズなやり方が感覚的に思い出せていいのかもしれないと思いました。

文具が好きなので、本当は手帳を愛用していたいところですが、そこは、
効率重視で、固執せず、いいと思った方にフットワーク軽く行こうというのが
私の判断ポイントです。

試行錯誤した上で、今のところうまくいっている管理ツールを下記にまとめました。

MARK'S手帳2011


⇒他詳細画面は、アプリHPにて
⇒iTunesはこちら
現時点で800円

■CalenGooで感じているメリットは、
・フォントサイズや表示の仕方を細かく自分なりに設定できること
・動作がとにかく軽い。(Pocket informantは高機能だけど少しもっさり)
・Googleタスクと同期できる
・月間のカレンダーがみやすい(ズームできる)
・GoogleのLabsのアイコンマーク機能が使える
※アイコンの設定方法は447さんのブログの解説を参考にさせて頂きました。

▼カスタマイズが細かいので、例えば、普通のスケジュールアプリだと
月ごとに横スライドまたは切り替えですが
縦に前後の月と繋げてみることができるようになります。これは、意外に便利!

▼横にすれば、バーチカル形式でみれます。表示する時間帯も開始曜日もカスタマイズ可能です。

▼1日表示もバーチカルを拡大したような表示の仕方で画面スライドで簡単に前後の日程スケジュールが確認できます。その日にする期限つきタスクがある場合は、上の方の空欄に表示されます。
ここがアナログ手帳の時の使い方に近かったので見やすいです。


タスクは、別途下記アプリも併用して使うようにしました。
CalenGooでも十分なのですが、パッとタスクだけ整理したい、確認したいと思うと
専用アプリの方が楽です。


⇒iTunesはこちら
現時点で350円

▼リストは、下記のようにシンプルに分けています。
コンテキストをつけておきたいものは、タスク名に「○○@□□」という形でつけています。

PCでタスクを大きい画面で編集したいときは、iGoogleガジェットのTODOリスト(試験運用)というのを活用させてもらってます。
デジタルでの管理が慣れてきたら、Todledoとかの方が便利なのかもしれませんが、
高機能だと、タスク1つに付随する情報入力がおっくうになってしまったので
しばらくこれでいってみようと思います。(^^

▼もちろん、アナログの手書き用ノートは残してます♪
エトランジェディコスタリカ カスタマイズ4

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です