スマートな働き方を組織単位で実現できるのなら

ライフハックで仕事の効率化をはかりたいと思って
いろいろ小技等を試してみるものの本当にスマートな働き方を
実現するには、組織単位での実現が必要になってきます。
例えば、下記のようなことに取り組むなど。
---------------------------------------------—-
●営業へは、PCを配布しない。
●事務作業と分業化
●iPadやiPhone、Android携帯を配布。
 効率化を助けるもの、今の流行っているものをビジネスマンとして
 当たり前にすぐに取り込んでおく
会議の効率化。
iPadでプレゼン。一緒に同じ画面をみながら話ができるようにする。
議事録は、音声をテキストに変えるソフトを活用して編集時間を短縮
グループウェアはiPadやiPhone等のスマートフォンなどに柔軟に対応できるものを
社内コミュニケーション活性化を助ける社内SNS的仕組みと文化の確立
●営業KPI等の入力を簡潔にし、集計・分析も容易にするツールへの投資
●すぐに話し合いの場が持てるようなフリースペースをもって
 社内コミュニケーションがとりやすい形をとる
●他部署の情報も出来る限りオープンにして、お互いに俯瞰し合えるように
ペーパーレス。出来る限り電子化し、検索を容易にする。
●ファイルデータは、グーグルのようにキワード検索を出来るようにする
---------------------------------------------—-
こんなことを考えていた時、本屋で似たようなことを実践していて、
社員満足度が高いことを日本一だと認定されている企業があるということを
知り希望を感じました。
もちろん、業界や会社規模によって実現可能が難しい取り組みも
ありますが、ITを活用して経営を効率化、社員も働きやすい環境になるように
努めていくことはできるのではないかなと思いました。

日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方 日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
(2010/12/02)
山本 敏行

商品詳細を見る

この本に書かれていた働き方一部をあげると、
●10連休が年4回
●給料は高く、勤務時間は短く、
●いつでもどこでもオフィス
●21:00強制退社
●社員のやりたいことをさせる
●全社員が経営を学ぶ
●iPhoneは外勤内勤関係なく全社員へ配布する
・・・いいなぁ
他にも、
また、ITツールを積極的に活用しており、例えば、机の引き出しをなくして、
裁断機とスキャナーが置いてあって、ペーパーレスを実現できる環境を作っていたり。
うちの会社もこういうことに投資を考えないだろうか、、、と感じました。
そしてさらに、昨日、スマートな働き方をテーマにUstで対談をやっていたのですが、
瞬間視聴率は平日にも関わらず、750人。
スマートな働き方への変化を多くの人が本当は望んでいるのだなと思いました。

近い将来には、上記のようなスマートな働き方は、
当たり前になっている日がくるのかもしれません☆
また、それを先駆けてやるのも楽しいと思いました。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です